--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.10

次回TOEICに向けての整理 part4 ①

Part4のよくあるパターンについてみていきます。
実はPart3を当分続けようと思っていたのですが、193回のTOEICまで三週間ないので、そろそろPart4にも触れておきたいと思います。ネタのつまり具合によってはまたPart3に戻ることもあり得ます。あっちこっちに飛んでスイマセン。

今回は飛行機に乗っている時にながれるannouncement(放送)場面です。
TOEICを何度も受けた方はおわかりだと思いますが「ああ、あれか」というくらいよく出てきますね。問題集などで扱われることも多いので、「もういいよ」と食傷気味になっているかもしれません。しつこく同じ事を繰り返しできるオッサンの私でさえそうです。
ですが、ここはなんとか一度まとめたいと思います。


いま当機(飛行機)はこういう状態です

このような問題があります

今後の予定はこうなる予定です


「当機は何をしています」
Ladies and Gentleman, this is your captain speaking.
We are now taxiing to the runway.

現在滑走路に向かってゆっくり進んでおります
We are currently cruising at an altitude of 33,000 feet.
現在は33000フィート上空を巡航高度で飛んでいます
We have to wait at the gate for about 10minutes.
ゲートで10分ほど待たなければなりません
The plane will be landing in 15 minutes.
15分で着陸いたします


「このような問題があります」
There is a lot of traffic on the runway due to the bad weather.
悪天候のため滑走路が混み合っております
We are currently 20 minutes later than originally scheduled.
今のところ当初の予定よりも20分遅れております
We're having the front tires inspected by ground crews.
地上乗務員がタイヤを検査している最中です


「今後の予定はこうなる予定です」
We should touch down in Tokyo at 5P.M.
東京には5時に着陸いたします
The attendants will be coming through the cabin.
乗務員がキャビンを回ります
Complimentary snacks and soft drinks will be served.
無料のスナックとソフトドリンクが配られます
You'll have to directly proceed to Gate 8 for your connecting flight.
乗り継ぎ便へは8番ゲートにそのままお進み下さい


<よく出る単語>
taxiing 地上走行する
altitude 高度
ascend/descend 上昇/下降する
disembarkation 下車
connecting flight 接続便


飛行機の今の状態、これから何が行われるかを問う問題がよく出ます。
何分遅れなのか/早いのか、あと何分待ち時間が必要かなど数字の記憶を必要とする場合は、予め選択肢を確認しておく方がいいですね。上級者でも間違える可能性があります。
乗り継ぎ便の案内やゲート番号についても同じ事が言えますので、注意が必要です。


質問あれば、お気軽にどうぞ!
●シリーズ
193回に向けての整理 part1 ①
193回に向けての整理 part1 ②
193回に向けての整理 part1 ③
193回に向けての整理 part1 ④
193回に向けての整理 part1 ⑤
193回に向けての整理 part1 ⑥
193回に向けての整理 part1 ⑦
 
 193回に向けての整理 part2 ①
 193回に向けての整理 part2 ②
 193回に向けての整理 part2 ③
 193回に向けての整理 part2 ④
 193回に向けての整理 part2 ⑤


参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!

TOEIC ブログランキングへ
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
05.29

ディクテーションは必要なのか

ディクテーション「書き取り、口述筆記」。
私はできるだけやらない方針でした。方針もなにもディクテーションは必要ないと思っていました。
シャドーイングできるから問題ない。単語も一つ一つ聞き取れるから大丈夫。スペルも語彙もわかるのにわざわざそんなことする必要ある?
要するに面倒なのがわかっていたので避けて通ってきたわけです。


そんな中、私はTOEICで950を超えられない時期に突入します。もう無理じゃない?というくらい絶望的に高い壁を感じた時です。
950の壁はあまりに高く、超えられない時間があまりに長く続きます。そしてついに、自分は何が足りないんだろうかと、今までの勉強でやったことのないことを片っ端から書いてみました。
「単語帳を最初から最後まで完遂する」
「毎日新しい素材を使ってリスニングする」
「今この瞬間に、所持している問題集すべて正答できるという状態にする」
「寝る前にシャドーイングする」
「朝起きた瞬間にPart5を40問やる」


他にも、意味のありそうなものから、その場のただの思いつきも含めてやったことのないものを書き出しました。
「TOEIC SWに手を出してみる」
「この際、少しTOEICから離れてみる」
「英検やる」
「ディクテーションする」


いくつか心に引っかかるものがありましたが、ディクテーションは強く残りました。
残ったというより、いつも頭の中にあったといった方がいいですね。


ディクテーションをついに始めるわけですが、やってみてからわかったことは、リスニングしている時に、次にくるはずの言葉を文法的に「待つ」ことができたり「読み替える」ことができたりすることですね。
「今こう聞こえたけど、文法的には違うから本当はこう言ったんだろうな」とか、「長いな、これ主語・主部が長いね・・・やっと動詞キター!」など。
ディクテーションしてからよりスムーズに聞き取れるようになったのは間違いないです。
それまで単発でリスニングで満点495をとることはありましたが、連続して満点が続いたのはディクテーション以降です。


と、ここまでためになりそうなことをいっていますが、実はオチがあります。
ディクテーションのスペルはdictationです。
わたしはとある方にdectationと自信たっぷりに教えてしまいました。
前回同様、私もまだまだです。

参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!

TOEIC ブログランキングへ

Comment:0  Trackback:0
2014
05.18

リスニングは何から始めるのか

TOEICでリスニングは以下のような構成になっています。
Part1写真問題
Part2応答問題
Part3会話問題
Part4説明問題

難易度は下に行くに従って上がっていきます。
さてまず何から取りかかれば良いでしょうか?

簡単なパートから慣れていこうと考えるのは自然なことですね。
つまり、Part1の写真問題からPart2の応答問題に移り、短い英文に慣れたらPart3,4の長い文章に取りかかるというやり方です。いいですね。理にかなっています。

でもここはPart4から始めることをおすすめします。
あとテスト本番まで2週間しかないみたいな場合を除いて、まずPart4に取りかかって下さい。


●なりきって読む

新製品の紹介、店の時間案内、ラジオのDJ、研修セミナーのお知らせ、など。
Part4ではいろんな説明問題が出てきます。
その中の一つを選んで、CDで発音を確かめながら音読します。
最終的には暗唱できるまでやります。

どういった文を選んだ方がいいかというと、なるべく恥ずかしいやつがいいです。
つまり、多くの人の目の前でしゃべるような文章です。こういうのを使って音読すると気持ちに張りが出ます。
自己紹介の部分を自分の名前に置き換えることで、さらに臨場感が増します。

例えば会社見学に来た人たちに、社内のいろんな場所を案内するという文章があります。このとき自己紹介のときに出てくる最初の名前を自分の名前を置き換えてやります。すると、広報担当者としての責任感が、どこからともなく沸いてきます。
フィットネスクラブのインストラクターとして、プログラムの案内やエクササイズの注意点などを説明する時も、自分の名前を入れ替えます。いつのまにか自分の体が引き締まった感じでしゃべっています。

こういう体験は記憶に残りますよ。
留守番電話で店の営業時間を知らせる自動音声ガイドの文章を使う場合にくらべて、はるかに多くの人を意識するので頭の中に深く長く残ってくれます

最初は照れくさいです。
私もそうでした。
一人で家で暗唱している時も、自分の名前を入れたとたん小っ恥ずかしい気持ちになりました。
でもやってみてください。
5つ6つと繰り返すうちに、クセになりますよ!


参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!

TOEIC ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。