--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.31

次回TOEICに向けての整理 part2 ⑤

さてPart2のつづきです。
今まで4回にわたってPart2の整理しましたが、大きくまとめると以下のようになります。

発音が似たような言葉を使う
関連した用語を使う

これらは選択肢を選ぶ際に、ミスを誘うパターンででてくるものです。
要するに、間違いの選択肢の中に含まれまる場合が多いです。

質問に対して直接的に答えない
先回りするような返答をする

これらのパターンは答えを選ぶ時に躊躇するものです。
つまり、正解の選択肢に含まれています。


そして、実際のテストではこういった正解・不正解のパターンが組み合わされて出てきます。
難しいと感じる問題では特にミスを誘導する選択肢と、選択を躊躇する正解の選択肢が一緒になって出て来る場合が多いです。
例えば、


Who sent supplies to the wellness center?
(誰が供給品を健康センターに送ったのですか?)

A. He is doing very well.  (彼はとてもよくやっています)
B. I was really surprised to hear the news. (そのニュースを聞いて驚きました)
C. The department manager must know that. (部長がそれついて知っているはずです)

Aではwell とその名詞形wellness で形を変えてミスを誘っています。
Bではsuppliessurprised で似たような発音の単語が出ています。この2語の組み合わせは以前から本当によく出てきますね。この2つの単語の決定的な違いは日本人が苦手と言われているLとRの発音です。受験者がその違いを理解しているのか確認するという意味でもとても使い勝手が良いので、この先も同じような形で問題が出てくるはずです。
Cが正解になります。ですが直接的な答えではなく、他の誰かに答えを預けるパターンなので選択するのに躊躇する可能性がありますね。


Part2は短文の応答問題です。
疑問文に対して、平叙文で直接答えるというのが基本的なベースになります。
そして、この基本的なやりとりをベースにして、問題を難しくするにはいくつかのパターンがありました。

質問の中のある単語と似たような発音の、あるいは関連する用語を使う。
疑問文に対して疑問文で答えたり、直接答えずに他の何かに答えを預ける、あるいはより先回りするような返答をしたりする。


短文の応答という単純な会話のやりとりを、こういった変化をつけることでより複雑化して、選択しにくくしています。問題を難化へと導くパターンをある程度理解することで、Part2の構造を少しでも理解していただけるのではないかと思います。


質問あれば、お気軽にどうぞ!
●シリーズ
193回に向けての整理 part1 ①
193回に向けての整理 part1 ②
193回に向けての整理 part1 ③
193回に向けての整理 part1 ④
193回に向けての整理 part1 ⑤
193回に向けての整理 part1 ⑥
193回に向けての整理 part1 ⑦
 
 193回に向けての整理 part2 ①
 193回に向けての整理 part2 ②
 193回に向けての整理 part2 ③
 193回に向けての整理 part2 ④


参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!

TOEIC ブログランキングへ
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
08.25

次回TOEICに向けての整理 part2 ④

前回はPart2で直接的に質問に答えないタイプをまとめました。
今回はまた違うタイプの応答パターンを見ていきます。


通常応答問題では、疑問文(付加疑問文含む)に対して平叙文で答えます。
"This is Bob's jacket, isn't it?"
"Yes, it is."

「これはボブのジャケットだよね?」
「ハイそうです」

しかしPart2では、平叙文に対して平叙文、疑問文に疑問文、平叙文に疑問文といった形のやりとりを見ることができます。こういったパターンです。


"I just can't seem to find my bag."
"It's on the table in the staff room. "


「鞄が見つからないみたいなんだけど」という投げかけに「スタッフルームの机の上にあったよ」と答えています。
平叙文に対して平叙文での応答です。このやりとりは、最初の文が鞄がないという話ですから、答えもある程度想定できる範囲に収まっています。


"Why don’t we have a meeting on Friday? "
"How’s 9 o’clock?"


「金曜日にミーティングしませんか?」という問いに「9時はどうですか?」と質問しています。疑問文に疑問文の形です。金曜日のミーティングはすでに了解事項で、答えはミーティングの開催時間について踏み込んでいます。
Sure. It's a good idea. Sounds good. などが答えの前にあると会話としてはよりスムーズなんですが、そういった返事をすっ飛ばしています。このような先回り型の答えがやっかいです。


"The article in the magazine was really impressive."
"Shall I print it?"


「その雑誌にある記事は本当に感動しました」に対して「一枚コピーしてあげましょうか」と聞いています。
Oh, it's good. (良かったですね) I thought so too.(私もそう思いました)などと答えるか、それらが前に入るとわかりやすいんですが、もっと先回りしています。「それならコピーしてあげますよ?」と聞いてますから、かなり気が利くタイプのやりとりです。

現実社会ならこのように先回りして気が利くタイプの人がいると、とても助かります。
That's really helpful for me!


でもTOEICのPart2では、逆に落とし穴になったりします。想定していない展開に焦ってしまうパターンです。
先回り型のやりとりがあると頭のどこかにインプットしておいて、
本番でも落ち着いて対処できるようになりたいですね。


質問あれば、お気軽にどうぞ!
●シリーズ
193回に向けての整理 part1 ①
193回に向けての整理 part1 ②
193回に向けての整理 part1 ③
193回に向けての整理 part1 ④
193回に向けての整理 part1 ⑤
193回に向けての整理 part1 ⑥
193回に向けての整理 part1 ⑦
 
 193回に向けての整理 part2 ①
 193回に向けての整理 part2 ②
 193回に向けての整理 part2 ③


参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!

TOEIC ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2014
08.22

次回TOEICに向けての整理 part2 ③

まだまだ暑い日が続きますね。
暑いですが、やらなければいけないことを色々とためてしまったので、今は逃げらない状態です。
「ところで、この前そろそろコーヒーの焙煎やるって言ってたけど、ちゃんとやったのかな?」
ハイ、それも先日やりましたよ。汗だくになりながら。

生豆1

Raw beans are in glass storage jars.(生豆がガラス瓶に入っている)

焙煎終了

Coffee beans have been roasted. (コーヒー豆が焙煎された)

無理矢理Part1風にしてみました。
ちなみに左がグアテマラの深煎り(Deeply-roasted Guatemala)、右はモカの浅煎り(Medium-roasted Mocha)です。細かく言うと焙煎度は Light roast から Italian roast までの8段階で、深く煎るほど苦みが強くなり、逆に甘み・酸味は弱くなります。コーヒーにとって重要な甘み(sweet, chocolaty)は mediumのときに最大になるので、豆の特性や個人の好みに合わせてどの深さまで焙煎するかを決めます。高温に晒すことで生豆の中にある自然の甘さや苦みといったものが抽出されて・・・・焙煎変態談義が止まらないので、この辺にしておきます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それでは、Part2の続きです。
相手の質問に対して、直接的に答えないパターンがあるのをご存じかと思います。
例えば、
「〜ですよね?」 「すいませんが、それに関しては知りません」
「〜でしたっけ?」 「ええと、あの人なら知っていると思うよ」
Yes,Noで直接質問に答えずに、知らないといって他の人に預けたり、調べさせてと言って一時保留にするパターンです。例を見ていきます。


”Are you flying out on Monday or Tuesday?”
" I don't know yet."

「飛行機で出発するのは月曜それとも火曜日?」と聞かれて、曜日を答えるのではなく「まだわからないよ」と保留にしています。


"Who is going to manage the sales team?"
" It's not been decided yet."


「誰が営業チームを管理するの?」に対して「まだ決められていないよ」と言い、Whoに対して明確に答えるのではなく、保留状態であるとしています。
他にこんな形もあります。


"What’s the telephone number for the branch office?"
"You need to check the directory."


「支店の電話番号は何でしたっけ?」という質問に「電話帳調べる必要があるよ」と答えています。番号を教えるのではなく、電話帳に答えを預けています。

” How long is the travel time to the factory? ”
"It depends on traffic."


「工場までの移動時間はどれくらい?」という問に「交通状況によるね」という答えです。

いずれのやりとりも、質問に対して直接的な返答は避けて、保留にしているか他の何かに答えを預ける形の返答をしています。
繰り返しになりますが、Part2は精神状態が極めて大事です。
質問に対して直接的な答えを期待していると、予想もしない展開に焦ってしまい、次の問題が読み上げられる時になっても、決断できずに気持ちを引きずってしまうことがあります。
こういったパターンが普通に出てくるとあらかじめわかっていると、少しずつ落ち着いて対処できるようになるはずです。

質問あれば、お気軽にどうぞ!
●シリーズ
193回に向けての整理 part1 ①
193回に向けての整理 part1 ②
193回に向けての整理 part1 ③
193回に向けての整理 part1 ④
193回に向けての整理 part1 ⑤
193回に向けての整理 part1 ⑥
193回に向けての整理 part1 ⑦
 
 193回に向けての整理 part2 ①
 193回に向けての整理 part2 ②


参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!

TOEIC ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2014
08.19

次回TOEICに向けての整理 part2 ②

昨日はPart2の同じような発音でミスを誘うパターンをまとめました。
スペルが微妙に違う単語、全く同じ単語、ingをつけて違う単語などがありました。

今日は少し違う形の、間違った選択肢へと導く形を整理します。
では早速いきますよ。


When did you carry the broken computers?
いつ壊れたコンピューターを運んだんですか?

(A)Bob installed it.
(B)It should be repaired by noon.
(C)Last friday, I guess.  (先週の金曜日だったと思うよ○)


正解は(C)です。質問文のcomputerにかけて(A)では install (インストール)を使ってます。(B)ではbrokenに対するrepaired (修理)です。関連した用語でミスを誘っているパターンです。同じような発音で誘うやり方と比べると、どちらかというと間接的なやり方ですね。このパターンもかなり出てきます。



What should I do to renew my driver’s license?
(免許の更新するのに何をしたらいい?)

A. Actually, I have a map in my car.
B. I can take you for a ride.
C. You can find a form online.  (ネットで書類が見つかるよ○)


正解は(C)です。質問のdriver’sにかけて(A)ではcar、(B)ではtake for a ride(車でドライブする)を使っています。
関連語でミスへと誘導しています。質問の答えとしては明らかに間違いですが、一瞬でも「あれっ?」と思わせるところに関連語を使う意味があります。
特に正解の選択肢がサッとマークできずに迷った時に、こういった関連語が頭の中を駆け回り、時間ぎりぎりになり焦ってしまい間違っているとわかっていても誘いに乗ってしまうということがあります。
関連語の場合は、同じような発音のパターンとは違い正解につながることもあるので簡単に消去できません。正解の選択肢が間接的でわかりにくい時などは、慎重になる必要がありますね。


質問あれば、お気軽にどうぞ!
●シリーズ
193回に向けての整理 part1 ①
193回に向けての整理 part1 ②
193回に向けての整理 part1 ③
193回に向けての整理 part1 ④
193回に向けての整理 part1 ⑤
193回に向けての整理 part1 ⑥
193回に向けての整理 part1 ⑦
 
 193回に向けての整理 part2 ①

参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!

TOEIC ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
2014
08.18

次回TOEICに向けての整理 part2 ①

次回のTOEICに向けて今日はPart2を整理します。
Part2は短い文の質疑応答が30問あります。巷でよく言われている攻略のポイントは次のようなものです。

・文頭を聞き逃さないようにする
・同じような発音の選択肢を選ばないようにする
・質問に直接的に答えるとは限らないので注意する
・他のパートと違い三択なので正答率が高い

どれも正しいです。
だだ、今回は2番目の同じような発音の選択肢について、具体的にどういった形で出現するのか、どういった意図でミスを誘っているのかを見ていきます。
ある程度のパターンが決まっていますので、どのような形で出てくるのかを知っておくと、実際のテストを受けている時も惑わされずに正解を選ぶ事につながります。

ここでも書きましたが、要するに迷わず正解につながることで、次の問題に向けて気持ちを整えることができます。Part2ではこれが何より重要です。
上級者の人にとっても、当たり前のことを体系的に分類する機会になると思います。

では早速いきます。

This car comes with a spare tire, doesn’t it? 
(この車はスペアタイヤが装備してあるよね?)

(A)No, it’s on the stair. (いいえ、それは階段の上にあります)
(B)I’m not that tired. (私はそんなに疲れていません)
(C)I hope so.     (そうであって欲しいです○)

正解はCです。似たような発音で意味の全く違う単語のパターンです。
(A)ではspare (スペア)に引っかけて stair ステア(階段)が出てきています。
(B)では tire (タイヤ)の引っかけとして、tired タイアード(疲れた)です。

------------------------------------------------------------------------------
次のパターンに行きます。

Is that a express train to Tokyo?
(あれは東京行きの特急電車ですか?)

(A)Yeah, please send it by express mail (はい、それを速達で送って下さい)
(B)The training will start soon. (トレーニングはまもなく始まります)
(C)I’m afraid it makes local stop.  (各駅列車ではないかと思いますよ○)

正解はCです。(A)では全く同じ単語のパターンです。後ろに続く単語によって意味が変わります。express train (特急)とexpress mail (速達)です。ちなみに普通郵便はregular mail といいます。

(B)は ingがついて全く違う単語になるパターンです。train(電車) とtraining(トレーニング)をひっかけています。各駅(普通)電車のことはlocal trainといいます。ちなみに regular trainの場合は「定期列車」とか「いつも乗る電車」の意味になります。
------------------------------------------------------------------------------

スペルが微妙に違う単語、全く同じ単語、ingをつけて違う単語、それぞれのパターンの具体例をあげてみました。
単語をどういった形に変えて、あるいは全く変えないことでミスを誘発しようとしているのか、少しわかっていただけたのではないかと思います。


質問あれば、お気軽にどうぞ!
●シリーズ
193回に向けての整理①
193回に向けての整理②
193回に向けての整理③
193回に向けての整理④
193回に向けての整理⑤
193回に向けての整理⑥
193回に向けての整理⑦
 ●関連記事
 最後の一つを取りに行く パート1
 最後の一つを取りに行く パート2
 最後の一つを取りに行く パート3,4
 最後の一つを取りに行く パート5,6
 最後の一つを取りに行く パート7

参考になる部分がありましたら、応援クリックお願いします!

TOEIC ブログランキングへ
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。